漫画・DVD全巻専門書店

ワンピースのグッスやフィギアがいっぱい!!
ナルト naruto 画像 ⇒ <% archive.createstamp | date_format("%Y ⇒%m ⇒")%>


ナルトno画像で語る巻ノ四

ナルト画像のこの作りこまれた世界観は違和感なく
そして、複雑にからみあっています。

カカシ外伝を読み返してみて、ナルト画像の
おもしろさを改めて実感です。
カカシが写輪眼を受け継ぐまでのお話です。
ナルト画像で大切な「つながり」が
ここでもでてきます。

カカシ、オビト、リンのスリーマンセルの班は、
忍界大戦で岩隠れの忍者と対戦します。
このスリーマンセルの先生は四代目火影です。
カカシは上忍に昇格して班の隊長となります。
カカシは岩隠れの忍びにリンを人質として
連れ去られてしまいます。
それでもカカシはリンを助けず班の隊長として
任務続行を決断しますが、うちはオビトは
忍者の世界ではルールを守らないやつがクズ扱い
されるが、仲間を大事にしない奴はそれ以上のクズだ
といってリンを助けに向かいます。
そして、カカシも・・・。
その時、カカシはオビトをかばい左目を負傷。
そのピンチに、うちはの血を引くオビトは
写輪眼を開眼させます。オビトはカカシをかばい
岩の下敷きになってしまいます。そして、カカシの
上忍昇進のお祝いにと写輪眼を医療忍者のリンに
移植させるのです。

そして、写輪眼のカカシが誕生するわけです。
カカシがいつも遅刻する理由や仲間を大事にする理由が
よくわかるお話です。

そして、カカシがナルトやサスケの班の隊長になったのも
ちゃんと理由があったわけです。

すごいつながりですよね。ナルト画像の魅力満載です。

ナルトno画像で語る巻ノ三

ナルト 画像が人気の理由はなんといっても
キャラクターそれぞれの関係がとっても
細かく深くつながっていることです。
ナルト 画像はナルトを中心につながりが
どんどん広がっていきます。

ナルトの師匠は自来也、ナルトに九尾を封印した
四代目火影の先生も自来也です。
ナルトの先生はカカシ、カカシの先生は四代目火影。
伝説の三人の弟子は、ナルト、サスケ、サクラです。

もちろんこの三人はカカシ班ですし。
すごくつながってますよね。
このつながりがナルトのおもしろさに
つながっているんだと思います。

ナルト 画像を語る上で思いつくのは
白のセリフだった大切な人はいますか?
の言葉です。

友達、ライバル、先生、兄弟、親子など
つながりはさまざまですが、大切な人は
いますか?という白の言葉の深さが
ストーリーが進むにつれて、
心に響いてきます。

ナルトno画像で語る巻ノ二

ナルト画像はホントサイコー!
改めて感じました。海外でも人気があるので
いろいろな言葉国のナルト画像がありますね。
ナルト画像は世界のナルト画像になりつつあります。
ナルト画像はこれからも進化しつづけて、
もっとおもしろく、ナルト画像ももっと
人気になっていくでしょうね。

これからもナルトを見つづけてたいです。

ナルト画像はやっぱり「つながり」をテーマとして
これからナルトとサスケの関係、2人の戦いの決着、
サクラとサスケそしてナルトがどうなるか?
ナルトは火影になれるのか?
9体の尾獣はどうなるのか?
暁はどうなるのか?
気になることはたくさんありますが、
ナルト-NARUTO-画像とはでこれからも感想などを
書きつづっていこうと思います。

ナルト画像の魅力はたくさんありますが、
ストーリーの良さは天下一品です。

ナルトno画像で語る巻ノ一

ナルトにはまってもう何年になるか、ジャンプで読みはじめて
7年ですかね。実際アニメもビデオにとって見ています。
パソコンにもハードディスクに保存してます。
ナルト画像はとってもおもしろいです。
カカシ班でのナルトとサスケの関係、波の国での
ナルトと白の関係、中忍試験でのナルトと我愛羅の関係、
そして、終末の谷でのナルトとサスケ・・・。

なんともいえない感情がナルト画像にはあります。

もちろん、ナルトとサクラ、サスケとサクラの想いとか
カカシとサスケ、自来也とナルトの師弟のつながり。

読めば読むほど深くつがってくるのがナルト画像の魅力です。

しかも、これほど先生、師、という立場の人を中心に
人と人がつながっていくマンガは今までなかったように思います。

ナルト画像が人気なのはつながりというテーマを大事にして
ストーリーがすすんでいく今までにない忍者アニメ、マンガです。

ナルトno画像で語る魅力の続き

ナルトは映画もすごくおもしろくて、全部見ています。
今年の夏公開の映画ももちろん見に行くつもり。
前売りを買おうかどうか迷っています。

関係はないですが、少年ジャンプではサスケに
取り込まれてしまった大蛇丸はどうなってしまったのか?
気になります。
小隊の名前が「蛇」とういのがなんとも・・・。
これからの展開が楽しみです。
欲しい漫画はこちらから!!【全巻読破.com】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。