漫画・DVD全巻専門書店

ワンピースのグッスやフィギアがいっぱい!!
ナルト naruto 画像 ⇒ NARUTO>ストーリー


ナルト NARUTOの今後こうなってほしいw

僕の希望はやっぱりサスケはイタチの意思を継いでてほしいですね。
ナルトと協力して新しい忍者の世界見たいのを作る。
6または7代目火影はサスケ。ナルトはジライヤのように旅をしているって
感じが希望とういか。最後はサスケVSナルトなのかな???

うずまきナルト参上

いたずらが大好きな、うずまきナルトは木の葉隠れの
忍者アカデミーにかよう生徒。ナルトは卒業試験に
3回も落ちている落ちこぼれだった。
今回の卒業試験もナルトの苦手な分身の術。
ナルトはやっぱり失敗してまた試験に落ちてしまう。
落ち込んでいるところに先生のミズキがやってきて
禁術の書かれている巻物の術ができれば合格と
認めてもらえるのではないかと持ちかける。
が実はミズキは巻物を奪おうとしていた。
そうとは知らずナルトは三代目火影の家に忍び込んで
巻物を盗んでしまう。里はナルトをつかまえようとみんなが
集まっていた。ナルトは術を会得すると担任のうみのイルカが
ナルトを探し出す。そこにミズキがやってきてナルトが1
2年前に里を壊滅の危機まで追い込んみイルカの両親を殺した
九尾の妖弧を封印された子供だとばらしてしまう。
ナルトは里も人たちに嫌われ誰にも相手にされなかった理由を
しってしまう。傷ついたナルトは巻物を持って逃走。
イルカ、ミズキが追いかける。
イルカはナルトを守り、ナルトを木の葉の仲間と認めていた。
それを知ったナルトはイルカを殺そうとしたミズキを
影分身の術を使い撃退する。
そしてイルカはナルトの額に卒業の証である木の葉の額当てを
プレゼントする。

こうしてナルトは木の葉の下忍となったのだ。

ナルト-NARUTO- プロローグ

世を忍び 俗を忍び 影を忍ぶ
其は「忍」たる者の業なり
されど、心頭より湧き出るもの、あり
夢、野望、過去、現在、未来
其は、各々が求めんとするもの
すなわち、己が「忍」たる道
其は己が忍道なり

汝の歩まんとする忍道は如何に

昔、妖狐ありけり。その狐、九つの尾あり。
その尾、一度振らば山崩れ、津波立つ。
これに困じて、人ども忍の輩を集めけり。
僅か一人が忍の者、生死をかけ
これを封印せしめるが、その者死にけり。

その忍の者、名を、
四代目 火影と申す。

木の葉崩し

中忍試験の予選から1ヶ月後、各国からの忍頭や観衆が見守る中、
中忍試験本戦が開始される。
ナルトは白眼を持つ柔拳使い日向ネジを相手に苦戦を強いられるが、
九尾の力を開放し辛勝する。中忍試験が進められていく中、
カカシとの修行を終えたサスケが登場。
砂隠れの砂瀑の我愛羅と対戦する。カカシから千鳥を
伝授されたサスケは我愛羅を相手に善戦するが、その最中、
突如として何者かが場内全体に幻術をかける。
大蛇丸が“砂隠れ”を巻き込み、中忍試験の隙に乗じて
木の葉隠れに戦争を仕掛けたのである。
大蛇丸はこの時のために、部下であるカブトを密偵として暗躍させ、
砂隠れの風影を暗殺してなり代わっていた。
三代目火影は大蛇丸を封印する一歩手前まで追い詰めるが、
術のみを封じて力尽きる。
木の葉の里の忍者も死力を尽くして応戦し、何とか敵を退けるが、
里は甚大な損害を蒙る。

中忍試験編

その後、下忍となっていくつかの任務をこなした第七班は、
隊長であるカカシの推薦により中忍試験に参加。
木の葉の同期の下忍を含め、各国から中忍候補の下忍達が
木の葉の里に集う。拷問専門の上忍、森野イビキの出す
10問目の難題をクリアしたナルトは第一次試験である
筆記試験を1問も正解しないで見事突破する。
そして、ナルト達7班は、第二次試験の“死の森のサバイバル”に
臨む。しかしその途中、伝説の三忍の一人大蛇丸が音忍の下忍の
一人になりすまし突如として現われ、圧倒的な力で翻弄、
サスケに謎の呪印を刻み込む。
試験官のみたらしアンコはかつての師であった大蛇丸の出現に
緊急事態を察し、追撃するが、取り逃がす。
その後、二次試験が終了。

波の国編

忍者を目指しアカデミーに通う主人公うずまきナルトは、忍者アカデミーの超問題児で毎日イタズラ三昧。落ちこぼれで、3回卒業試験に落第していたが、自分の身を呈して守ってくれた教師うみのイルカの行動をきっかけとして目覚め、何とか下忍になる。下忍になったナルトは、うちはサスケ、春野サクラと共に、上忍はたけカカシの7班に配属される。カカシから鈴を奪い取るサバイバル演習では自分たちの未熟さを思い知るが、“仲間の大切さ”に気付き、これまで合格者を出したことのないカカシから正式に下忍として認められる。

その後まもなく、波の国のタズナの護衛の任務において、霧隠れの抜け忍桃地再不斬と氷遁忍術を操る少年白と戦闘。苦戦を強いられるが、この実戦を通じて忍者として大きな成長を遂げる。サスケはこの戦いにおいてうちは一族の血継限界である写輪眼を開眼したが、ナルトをかばって倒れた。サスケの窮地を見たナルトは自らに眠る九尾の妖孤の強大な力の片鱗を初めて見せた。

ナルトとは

忍五大国の一つ「木の葉隠れの里」に産まれた
落ちこぼれ忍者「ナルト」を主人公とした、忍者活劇。

主人公ナルトとライバルのサスケ、仲間のサクラなどとの
友情を感じさせるストーリー。

主人公ナルトは昔、忍五大国の一つ木の葉隠れの里に、
強大な力を持った尾獣、九尾を4代目火影(里の長)の
命と引き換えに封印された赤ん坊だった。

ナルトの画像はとっても魅力的。
欲しい漫画はこちらから!!【全巻読破.com】

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。